畳ライフスタイルのぶろぐ

畳LIFE STYLE
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
い草ぶろぐリンク
会員ホームページ
リンク
検索
会員ブログリンク
Powered By 画RSS
<< 知って得する“たたみ”の話「敷物はどうなって作られた?」編〜畳ライフスタイルから畳報(情報)〜 | main | 金・銀・銅メダルおめでとう!オリンピックの柔道畳は、日本製?〜畳ライフスタイルから畳報(情報)〜 >>
畳にカビがァ〜!(畳のカビ対処法)〜畳ライフスタイルから畳報(情報)〜
一年で一番湿度の高いこの時期は、畳にとっても非常にカビが発生しやすい環境になっていて、カビでお困りの方も多いはずですよね。

でも、どうすれば・・・?

まず、部屋の環境をカビが発生しにくい状態に保つのがポイントですよね。
部屋の温度は結構気にされる方が多いと思いますが、意外と“湿度”を気にされる方が少ないように思います。

ですので、エアコンや除湿機を利用しまして部屋の湿度を下げる工夫をしましょう。

それでも、カビが発生した場合は、畳ですと畳の乾燥機を利用しまして高熱除菌処理をしますと、薬品を使わず安全に効果的にカビを撃退できますのでおすすめです。

カビの発生が初期状態ですと、エタノールなどで殺菌できますが、かなりカビの発生が進行した状態では、畳の加熱乾燥をオススメいたします。
最寄の畳乾燥機設置店にご相談下さいませ。

【このような状態の場合は、畳の乾燥機をオススメいたします】
畳にカビがァ〜!(畳のカビ対処法)
畳にカビがァ〜!(畳のカビ対処法)

最近の住宅室内環境では、調湿作用がある素材が非常に少なく、今では畳の表面材であります、天然い草の畳表のみが唯一調湿作用がある素材になってしまってまして、室内でカビが発生すると どうしても畳の表面にカビが発生しやすくなる状態です。

最近では、このカビを発生させないように健康畳などど?謳い、人工の畳表が非常に多く出回っております。
確かに室内が湿度の高い状態でもカビの発生は低くなりますが、部屋の環境は湿度の高い状態になったままですので、カビの胞子などは かなり浮遊してますので体に悪影響与える状態に変わりはありませんよね。

本当に健康に過ごしたいのであれば、是非、調湿作用のある天然素材の畳をはじめ、土壁や珪藻土、無垢の床材など自然素材を上手く室内に利用すればカビの心配も低減し健康に過ごせるのではないでしょうか。
最近では、土壁などをご自分で塗られる方も増えておりますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

〜畳報(情報)満載!畳ライフスタイルのHPはこちらをクリック!

| t-life-blog | 知って得するたたみの話 | - | - |