畳ライフスタイルのぶろぐ

畳LIFE STYLE
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
い草ぶろぐリンク
会員ホームページ
リンク
検索
会員ブログリンク
Powered By 画RSS
<< 今回も、?『練馬まつり』に応援参加いたしました!〜畳ライフスタイルから畳報(情報)〜 | main | 『2009年の畳とい草の普及活動も無事終了です…。』〜畳ライフスタイルからの畳報(情報)〜 >>
シンポジウムのご案内です!〜畳ライフスタイルからの畳報(情報)〜
畳ライフスタイルからの畳報(情報)

畳ライフスタイル林隊員よりシンポジウムのご案内です。

お米だけでなく い草を栽培している田んぼでも
畳屋さんや関連企業(メーカー)の社員の研修として
生きもの調査を行いませんか?
「生きもの調査」の活動により、「環境支払い」制度・システムを利用し
国産のい草・畳の現状を少しでも良くしていきたいと思っています。
平日ですが、友人・知人など 興味・関心を持っていただけそうな
方にも声をかけていただき ご来場下さいますようお願い致します。

『田んぼの生きもの調査』の活動は、年々注目度を増し
日本全国へ、また隣国である韓国へと広がりはじめています。
『生きもの』という共通した価値感を持つことで
生産者や消費者、大人や子どもといった分け隔てなく
『農』や『食』、『食農教育・環境教育』、『地域の環境』、『経済』まで
様々な分野にわたり 一緒に考えることができるようになります。

今回 第6回田んぼの生きもの調査シンポジウムでは、
『市民による民間型環境直接支払い』をテーマに掲げ、
討論会形式で開催いたします。
市民による環境支払を通じて、多様な生きものを育んでいる
田んぼをどのように守り 生きものを育む農業を発展させて
いくのかを徹底討論し、議論の輪を国民全体に
広げていきたいと思います。
友人・知人にも声をかけていただき、
多くの方の来場を待ちしております。
(案内チラシもご覧下さい!)

日 時:2009年12月4日(金)13:00〜17:00
場 所:日本橋社会教育会館ホール
     (日本橋小学校複合施設8F)
     東京都中央区日本橋人形町1-1-17
     (地下鉄 人形町駅下車 徒歩4分)
     (下記の案内図のサイトを参照)
http://www.jepsra.gr.jp/topix/map_nihonbashi.html
参加費:1,000円(学生500円) 定員200名
スケジュール:
12:00 受付開始、開場
13:00〜13:15 開会あいさつ
13:15〜14:15 基調講演
 テーマ「新政権下の農業施策と民間型環境支払い」
  講師:蔦谷 栄一(農林中金総合研究所特別理事)
14:30〜16:30 徹底討論
 テーマ「市民による民間型環境支払いについて」
 コーディネーター:
  原 耕造(NPO法人 生物多様性農業支援センター)
 パネラー
 <生きもの調査実施生産者団体>
  田中 安規(あきた北央農業協同組合専務理事) 
  渡沢 賢一(農事組合法人 山形おきたま産直センター代表理事組合長)
 <生きもの調査活動指導者>
  宇根 豊(NPO法人 農と自然の研究所 代表理事)  
  岩渕 成紀(NPO法人 田んぼ 理事長)
 <生きもの調査実施市町村>
  渡邉 竜五(新潟県・佐渡市農業振興課)
  宮垣 均(兵庫県・豊岡市コウノトリ共生課)
 <行 政>
  西郷 正道(農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課課長)
 <学識経験者> 
  荘林 幹太郎(学習院女子大学 国際コミュニケーション学科教授) 
 <生きもの調査実施消費者団体>
  若森 資朗(パルシステム生活協同組合連合会 理事長)
  大川 智恵子(生活協同組合連合会コープ自然派事業連合 理事長)

※転送・転載大歓迎!
連絡・問合せ先:NPO法人 生物多様性農業支援センター(BASC)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NPO法人 生物多様性農業支援センター(BASC)
事務局: 林 賢一
●本部
〒194-0293 
東京都町田市相原町4771 
E-mail(林):khayashi@wehab.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| t-life-blog | 畳ライフスタイルの奮闘日記 | - | - |