畳ライフスタイルのぶろぐ

畳LIFE STYLE
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
い草ぶろぐリンク
会員ホームページ
リンク
検索
会員ブログリンク
Powered By 画RSS
<< 【放送日変更のお知らせです。】『チャンピオンズ 〜達人の技が世界を救う〜』〜日本の伝統「畳」を救う!編〜 | main | 『国産畳応援隊:職業能力開発総合大学校にて、“たたみの授業”〜畳ライフスタイルから畳報(情報)〜 >>
『教えて!知って得する畳の話“畳替えとは?初級編 裏返しとは?”』〜畳ライフスタイルからの知って得する畳報(情報)〜
知っているようで?知らない?畳の話・・・。

『教えて!知って得する畳の話“畳替えとは?初級編 裏返しとは”』

畳替えと言われる中には、大きく分けまして3種類ございます・・・。

まず、『裏返し(うらがえし)』『表替え(おもてがえ)』『新畳(しんたたみ)や新調畳(しんちょうたたみ)』と呼ばれます3種類で、畳屋さんはお客さまより、畳替えの注文を請け賜っております。

まずは、『裏返し』ですが、どのようなものかと言いますと、今お使いの畳を引っくり返すような感じですが、そのまま畳を引き上げましてひっくり返しますと、畳の心材の裏面で出てきます。
これは、裏返しとは言わずに、“リバーシブル畳”などの場合はこのように引っくり返すと裏面に絨毯(じゅうたん)が貼り付けてありまして、洋間風の部屋に大変身する訳ですね。
これはよく、会議場やホテルなどで、使用用途に合わせて畳面を使用して和風な催し、絨毯面を利用して洋風な催しと、とっても便利な畳“リバーシブル畳”です。

前置きが長くなりましたが・・・
では、実際の『裏返しとは?』どのようなものかと言いますと、
お客様宅からお預かりしました畳を心材から取り外すために、縫い(逢着)上げております“糸”をすべて切り解いて心材と畳表(ゴザ表面材)を切り放します。

ここまでは『表替え』と同じですが、『裏返し』の場合は
新しい畳表(ゴザ)に取り替えるのでは無く、今までお使いになられてました畳表(ゴザ)の使用面反対側の裏面を今度は使用する上面へ引っくり返して、心材に表替えと同じ方法で逢着して仕上げます。

■どれくらいの使用年数が裏返しのオススメな年数ですか?

裏返しをしていただきます、理想の年数は3年〜5年ぐらいと言われております。

10年〜20年ご使用後の“裏返し”は、裏面まで退色(日焼け)していたり、畳表のい草自体が乾燥しきって弱くなっている場合が多く、基本的にオススメできない使用年数です。

また、畳表が破れている場合、削れがひどい場合や、お酒やペットなどのオシッコなどがある場合は表面的に日焼けでシミの跡が判りにくくなっている場合でも、裏面にシミ跡が残っている場合が多く、そんな場合にも“裏返し”ではなく、“表替え”をオススメ致します。

■最近多くなっております『へりなし畳』の裏返しは出来るの?

こちらは、基本的に“できない”と考えていただきまして良いと思いますので、表面の畳表が痛んできた場合は『表替え』をオススメいたします。

一部、七島表(しっとうおもて)を使用しましたへりなし畳は、状態にもよりますが、裏返し可能な場合もございます。

色々と制限はございますが、5年前後使用し『裏返し出来るかなぁ?』と思いましたら、『低価格を売りにしたチラシの無資格畳業者』では無く、お近くの『地元の信頼できる畳屋さん』に見てもらうと良心的で安心だと思いますよ。

※次回は、『表替え』のお話です、お楽しみに。

〜畳報(情報)満載!畳ライフスタイルのHPはこちらをクリック!
| t-life-blog | 知って得するたたみの話 | - | - |